顔汗を止めるための専用デオドラントはあまり見かけません。
一般的なデオドラントは顔よりも下の部位に対応しているものです。
顔汗を止めるには、消臭対策をするよりも自律神経のバランスを整えることが前提となります。
自律神経、ホルモンバランスに乱れが生じてしまうと、大量の発汗が生じるわけです。
本来、顔はそれほど汗をかく部位ではありませんが、これらの原因や過度の緊張によって滝のような汗が発生することはあります。
セルフケアで対策できない場合は医療機関で治療をする必要がありますが、大抵は生活習慣の改善によって治るものです。

顔汗に悩んでいる方は、睡眠リズムが崩れている傾向があります。
人間の体は睡眠を取ることで、本来の機能を維持することができるのです。
睡眠不足や質低下によって自律神経が乱れてしまうと、大量の発刊を伴うことがあります。
睡眠の質が悪いと、朝の体調が悪くなるのですぐにわかります。
朝に弱いという方は、睡眠に問題があるのかもしれません。

冷え性、ストレス、血行不良なども自律神経を崩してしまう要因となるので、ここは改善していく必要があるでしょう。
顔汗を止めるためには、体と心を元気にする必要があります。
心身が不安定になっているときは、発汗が増えてしまうものです。
必要に応じて顔用のデオドラントを使用し、あとは汗のことは気にしないようにしましょう。
必要な対策をしたら、それ以上悩んでも意味がありません。
悩むことで自律神経のバランスを崩し、発汗を促進してしまうだけです。