汗を多量にかくことで悩みを抱えている方もいるでしょう。また、体の一部だけ汗を多量にかいてしまう方もいます。顔汗もその一つといわれており、通常の汗として、気温などが高い時、またスポーツなどで激しい運動をした場合などに顔汗をかいてしまったり、緊張やストレスによっても多量に汗をかいてしまうこともあります。
緊張やストレスで汗をかく場合には、その多量に汗をかいてしまう緊張をほぐす必要もあります。リラックスできる状態にもっていくために、深呼吸をしたり過度な緊張をしないように気持ちを落ち着けるようにすることが大切です。ですが、状況によっては、どうしても緊張を強いられる場合もあります。そのため、多量に汗をかいてしまい、その多量の汗に対して意識がいくと余計に不安に陥ったり、人目が気になり、さらに顔汗の症状が悪化してしまうこともあります。汗をかいた時の対策として、タオルなどですぐに汗を拭き取ってしまうのも一つの手段です。また、どうしても汗をかくとまずい場面などの場合には、その前に制汗剤などで、汗を止める方法もあります。顔用の制汗剤も市販されているため、専用のものを使って汗を止めるといいでしょう。また、制汗剤の場合には、毛穴が詰まることもあるので、できるだけ多用は避けるほうがいいでしょう。
また、汗をかくと肌荒れや炎症などといった肌のトラブルにもなりやすいので、自宅に帰ったらすぐに洗顔をしたり、シャワーなどで汗をきれいに洗い流すと、肌のトラブルが起きにくく、肌をきれいな状態に保てるでしょう。